不動産投資の3つのタイプ

私は不動産投資に関して知識がありません。もちろん経験もありません。 「不動産投資」と聞くと、お金持ちの投資というイメージがあります。 しかし、例えばマンションの一部屋を購入し、その部屋を貸し出すとしたら、不動産投資がぐっと身近なものになると思います。 大きな収入は望めませんが、リスクも少なさそうですし、そのぐらいの投資なら始められそうな気がしてきます。

ここ最近になって不動産投資を始める人が増えているようですが、保有する物件については3つのタイプがあります。すでに土地を持っている人がそれを有効活用するために用いられるのがアパート経営です。そのメリットは、建築コストが安いために、初期投資を抑えられることです。自己資金があまりない人でも始めやすいです。 アパートと並んでマンション経営という形をとることもあります。マンションは鉄筋コンクリート造りになっていることが多いですし、建築コストも高い傾向がありますから、投資金額は大きいと考えられます。大きな資金を投じてマンションを一棟所有し、それによって大きな利益を得るという不動産投資の方法もあります。 ただ、一棟所有をするためにはかなり大きな資金が必要となりますから、自己資金を集めるとともにローンを活用することも必要となります。そこまで規模の大きいものは必要ないという人にとって、区分マンションは非常に魅力的な投資対象です。区分所有とは、マンションの一室を所有する方法を指します。一室だけ購入するくらいなら、普通の人でもローンを組めば難しいことではないでしょう。そのため、普通のサラリーマンでも割と簡単に不動産投資を始められます。

不動産 津田沼 3052 6/4

Copyright ©All rights reserved.不動産投資の3つのタイプ.